アクセスランキング

    2017年11月

    1: Egg ★ 2017/11/21(火) 22:59:36.08 _USER9
    人気声優の日高里菜さん(23)に対し、イベント会場の舞台で「好きです。僕が売れたら一発ヤらせて下さい」と発言した男性の新人声優(29)が許せないと、日高さんファンを中心に新人声優への激しいバッシングが続く中、人気声優の関智一さん(45)が、あの発言は自分の指示であり、悪いのは自分だとしてラジオ番組で謝罪した。

     日高さんもツイッターで、あの発言は「完全なネタ」と擁護しているものの、悪いのは新人声優だとし、ファンの怒りは収まっていない。

    ■「声優と結婚するため声優になるぞ!」

     騒動の発端は2017年11月19日にパシフィコ横浜で開催された文化放送のイベント「A&Gオールスター2017」でのこと。サプライズゲストで関さんとその仲間の「関軍団」が登場した。軍団の一員の新人声優、外崎友亮さんがコメントを求められると、いきなり、日高さんに対し、

      「好きです。僕が売れたら一発ヤらせて下さい」

    と迫った。この様子がツイッターで拡散され大騒動に発展した。報告によれば、この発言を聞いた関さんの顏は蒼白になり、先輩声優の花江夏樹さん(26)が日高さんに土下座して詫びたが、外崎さんは突っ立ったままだった。こうしたことで日高さんファンだけでなく声優ファンは激怒することとなった。

     新人のくせに人気声優の日高さんにセクハラ発言した、ということだけでなく、女性声優は「処女性」を求められるため、日高さんを貶めることになった、というもの。また、ネット上では「声優と結婚するため声優になるぞ!」といったようなジョークをどこかで信じる人もいて、それが相まって外崎さんに対する激しいバッシングがネット上で起こった。

     日高さんはこの騒動に驚いて、この日「ツイッター」で、

      「オールスターならではの企画盛り沢山っ!最後の流れは完全なネタですからね!? (笑)」

    と擁護したのだが、騒ぎは収まらなかった。

     関さんは20日深夜、文化放送のラジオ番組「ユニゾン!」に出演し、悪いのは外崎さんではなく自分だと謝罪した。

    つづく

    11/21(火) 18:19配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000010-jct-ent

    2017/11/21(火) 19:19:16.92
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511259556/

    【【ラジオ】<女性声優に下ネタジョークで大炎上!> 先輩が「ネタだ」と火消しも「2度と出てくんな」 ★2 】の続きを読む


    1: ばーど ★ 2017/11/23(木) 10:33:42.95 _USER9
    劇団「虎姫一座」のショー。キャンディーズの「春一番」では観客も振り付けをともに楽しんだ
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/11/20/20171120dde001010008000p/9.jpg?1

     ◇「春一番」「シルエット・ロマンス」…「歌詞の力が圧倒的」

     1970~80年代の「昭和歌謡」が脚光を浴びている。青春を懐かしむ中高年のブームと思いきや、10~20代までが、その世界観に夢中のようなのだ。平成の世となって29年。あらゆる娯楽に満ちたこの時代に、なぜ昭和歌謡にひかれるのか?【鈴木美穂】

    東京・浅草の「アミューズ カフェシアター」。週末の夜に訪れると、定員80人の店内はほぼ満席だった。ここは、昭和歌謡をモチーフに歌ったり踊ったりするレビュー劇団「虎姫一座」の拠点だ。2010年12月、「古き良き昭和歌謡のリバイバル」をコンセプトに結成されて以来、公演は2900回を超す。この夜の演目は、70年代の人気グループ「キャンディーズ」のヒット曲でつづる「70年代の奇跡 『微笑(ほほえみ)がえし』」。中高年の男性らに交じり、20代とおぼしき若者の姿も目立つ。

     一座は、70年代のアイドルをほうふつとさせるブルーのワンピースをまとって登場。「一緒に歌いましょう!」。笑顔で呼びかけると、大きな歓声がわき起こった。76年のヒット曲「春一番」では、観客も見よう見まねで振り付けを楽しみ、「♪もうすぐ春ですね」は大合唱に。会場は一つになった。

     約1時間半のショーでは「ハートのエースが出てこない」「年下の男の子」などを迫力たっぷりに聴かせたかと思えば、昭和コントのコーナーも。かっぽう着姿のお母さん、半ズボン姿の男の子らがちゃぶ台を囲むシーンは、昭和にタイムスリップしたかのようだ。

     月に1~2回、足を運ぶというウェブデザイナーの女性(29)は「高校生の時から昭和歌謡を聴いています。好きな曲? 堀江淳さんの『メモリーグラス』とか」。女性に連れられて来店した男性(34)も満足げだ。「キャンディーズをもっと聴きたくなりました。振り付けもメロディーも覚えやすい」

     17~34歳の男女13人で構成する虎姫一座。キャプテンの「なお」さん(29)は創立メンバーの一人だ。公演後、これまでの道のりをしみじみと振り返った。「結成当初、客席を見渡すとがらがらで、お客様より出演者が多い時もありました」。だが、数年前から昭和の良さを見直す動きも出てきた。「当初は60~70代が中心でしたが、年齢の幅が広がり、20~30代の人が増えてきました」。なおさんは背景をこう考える。「若い人は昭和歌謡を『新譜』として聴いているのでは。私も虎姫一座に入る前は洋楽やヒップホップを聴いていましたが、昭和のメロディーや歌詞の良さを知ると、そればかり聴くようになりました。スターがスターらしい時代でもあった昭和そのものにも魅力を感じます」

     東京都内のカラオケボックスなどにも足を運び、若い人たちの生の声を聞いてみると、昭和歌謡への「愛」を熱く語ること--。

     大学3年の女性(21)は「歌詞の力が圧倒的に違う! メロディーもきれいだから聴き入ってしまいます」。持ち歌は徳永英明さんの「レイニーブルー」など80年代のバラード。「最近は『昭和好き』だけを集めてカラオケに行きます。今の歌でみんなが盛り上がっている場で浮くのは困るので」。高校3年の女性(18)は「昭和歌謡は私にとって『メジャー』です」。

     カラオケボックスでは、こんな場面に遭遇した。ガラス越しに見える室内には20代らしき男女が3人。だが、廊下に漏れ出る歌声は70~80年代の歌謡曲ばかりだ。トイレで会った大学4年の女性(22)に聞いた。なぜ昭和歌謡?

     この3人は中学時代の同級生。毎月、2時間ほど「昭和縛り」で楽しむ。彼女の十八番は大橋純子さんの「シルエット・ロマンス」だ。両親の影響で聴き始め、「歌詞やメロディーなど、大人のムードたっぷりの世界観にひたれるのが魅力ですね。失恋で落ち込んだ時は断然、昭和の歌! 歌詞が心に染みます」。そう聞いて合点がいった。昭和歌謡の詞には失恋や恋人の死など、人生に寄り添うものが多い。その普遍性に、若い世代が共感しているのでは、と。

    >>2以降に続く

    配信11/20(月) 14:37
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000046-mai-soci

    ★1が立った時間 2017/11/20(月) 21:43:09.45
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511370648/

    【【昭和】昭和歌謡が熱い!「春一番」「シルエット・ロマンス」…10~20代も夢中に 「歌詞の力が圧倒的」★17 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/21(火) 22:35:15.13 _USER
    2017年11月21日 20:25
    (写真)
    「新装版 ああっ女神さまっ」1巻


    藤島康介「ああっ女神さまっ」の新装版が全24巻で刊行開始。本日11月21日に1巻、2巻が同時に発売された。

    「ああっ女神さまっ」は、普通の大学生・森里螢一が、ベルダンディーと名乗る女神を呼び出してしまったことから始まるラブコメディ。
    「お助け女神事務所」に間違い電話をかけて、ベルダンディーを呼び出してしまった螢一は、「どんな願いでも1つだけ叶える」という彼女に「君のような女神に、ずっとそばにいてほしい」と言ってしまう。
    それ以来、螢一はベルダンディーと、その姉妹であるウルド、スクルドとの同居生活をスタートさせる。
    月刊アフタヌーン(講談社)にて連載され、単行本は全48巻が刊行。OVA、テレビアニメ、映画など、さまざまな形でメディア展開されてきた。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    http://natalie.mu/comic/news/257679

    【【漫画】 藤島康介「ああっ女神さまっ」新装版が全24巻で、応募者全員プレゼント企画も 】の続きを読む

    1: 芹沢健吉 ★ 2017/11/15(水) 22:17:52.33 _USER
    ITmediaNEWS:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/14/news097.html

    人気格闘ゲームシリーズを手掛けるSNK(大阪府吹田市)が11月14日、官報に掲載した決算公告(16年8月~17年7月期)によれば、売上高は42億8100万円(前年同期は32億300万円)、経常利益は19億8600万円(同13億1700万円)と増収増益だった。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1711/14/kf1605616_snk_01.jpg
    当期純利益は31億500万円(同5億5800万円の赤字)、累積の利益や損失の指標となる利益剰余金は18億2900万円(同12億7600万円の赤字)。

    当期純利益は31億500万円(同5億5800万円の赤字)、累積の利益や損失の指標となる利益剰余金は18億2900万円(同12億7600万円の赤字)。

    SNKは1978年の創業。
    90年代に『THE KING OF FIGHTERS(KOF)』『餓狼伝説』『サムライスピリッツ』などの格闘ゲームシリーズを次々と世に送り出し、業務用・家庭用兼用のプラットフォーム『ネオジオ』も展開。
    驚異的な売上を記録したが、格闘ゲームブームが沈静化し、多角経営の失敗も相まって、01年にゲーム開発会社としては最大級の380億円の負債額を計上、倒産した。

    倒産後は、系列会社だったプレイモアがIP(知的財産)を落札して、SNKプレイモアとして再生した。
    だが以前のようなゲーム会社としての存在感は薄く、IPを活用して2004年にはパチスロ事業に参入。
    第1弾の『メタルスラッグ』に始まり『餓狼伝説』『KOF』といった看板タイトルをパチスロ機として投入していた。

    しかし15年8月に中国のゲーム会社、37Gamesが約80億円で買収し、状況が一変。
    パチスロ事業から撤退し、ゲーム事業とライセンス事業に集中する方針を発表した。
    16年8月には、6年ぶりの新作タイトル『THE KING OF FIGHTERS XIV』をリリース。
    12月に社名をSNKに戻し、ゲーム会社として復活する考えを打ち出している。

    以下
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/14/news097.html
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1711/14/kf1605616_snk_02.jpg

    【【企業】格闘ゲームの“古豪”復活へ SNKが増収増益 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/24(金) 08:12:32.14 _USER
     アニメ「ガールズ&パンツァー」の玉田役などで知られる声優・米澤円が第1子を出産したことを報告した。
    22日に更新したブログで「皆さんにご報告です」のタイトルで明かした。出産は22日以前のようで、「先日、無事に元気な赤ちゃんを出産しました!」と「HAPPY BABY」のシールが貼られたお祝いの人形の写真を添えている。
    「初産でしたが、お医者さんもびっくりするほどの安産だったようで、母子ともに健康です。育児は想像していたよりも大変で、自分の体調も普段通りとはいきませんが周りの人達の協力もあって、
    今は順調に赤ちゃんとの生活を送っています」と、初心者ママぶりを報告。最後に「仕事も徐々に再開してますので、
    また皆さんに声を届けられるよう頑張っていきます。今後も温かく見守っていただけたら嬉しいです!!」と結んでいる。
    米澤は16年に極秘結婚。今年8月に結婚と妊娠を報告していた。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20171123_040.html

    【【芸能】 声優・米澤円がママに!】の続きを読む

    このページのトップヘ