アクセスランキング

    芸能・テレビ

    1: Egg ★ 2017/11/18(土) 22:20:55.55 _USER9
    女優ののんさん(本名・能年玲奈)(24)が、11月22日にシングルCD「スーパーヒーローになりたい」で本格的な歌手デビューを果たす。

     8月に立ち上げ、自ら「代表」を務める音楽事業会社「KAIWA(RE)CORD」からの初作品は、「じぇじぇじぇ」からエレキギターに武器を持ち替えてのロックスター宣言だ。

    多彩多才

     女優の、と書いたが、ことし3月から「創作あーちすと」を標榜(ひょうぼう)している。が、わかりづらいので、ここでは女優の、としておく。

     ただ、その活動は、なるほど女優にとどまらない多彩さで、代表例は映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)のヒロイン、すずの「声」だろう。

     2016年11月に封切られたこのアニメーション映画は、1年が過ぎてまだ上映中。ことし11月12日には東京・新宿の映画館「テアトル新宿」で記念の舞台挨拶も行われたほどの異例のロングラン興行になっている。

     「1周年なんですよ!」

     目をキラキラさせながら教えてくれた。ただ-。

     「演技も声優も音楽も、どれが一番というのはなくて。いまは全部がメーンです。(なんであれ)“表現する”のが、のんのモットー。自由に、やりたいことに突き進んで、楽しいものを放出していくことを大切にしています」

    マサやんのエレキギター

     とはいえ、いまは音楽である。8月に「KAIWA(RE)CORD」を設立し、「代表」という肩書が刷られた名刺も作った。

     この名刺、画家、サルバドール・ダリ(1904~1989年)をまねたひげをつけた自画像写真も印刷した。ダリのひげが好き。好きが高じたつけひげのコレクションをテレビで披露したこともある。で、この名刺の写真。よく見ると、ひげの両端がカイワレダイコンになっている。

     「えっと、普通にこうやって人に会って話すのが苦手っていうのが、のんとしてはあるのですが…。音楽だったら会話はできる。音楽で会話する」

     だから、「会話レコード」。ついでに、カイワレダイコンも好きなので「カイワレコード」。両方の意味を込めた。ロゴマークも作った。レコードからカイワレが生えているイラストだ。

    つづく

    2017年11月18日 18時6分 産経新聞
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13909740/

    【【芸能】<女優ののんさん(本名・能年玲奈)>ロックスター宣言!「スーパーヒーローになりたいんですよ」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/20(月) 05:41:59.30 _USER9
    元横綱3代目若乃花、花田虎上氏(46)の元妻でタレント、花田美恵子(48)が、
    20日発売のライフスタイル誌「ku:nel」1月号(マガジンハウス、800円)で、33年ぶりのヘアカット企画に挑んだ。

    高校時代に読者モデルを務めた雑誌「Olive」の企画で髪を切り、ショートカットブームを起こして以来の挑戦で、当時の編集者が今回の企画担当だった縁で実現。

    花田は虎上氏との間に1男3女をもうけるも2007年に離婚し、09年から米ハワイで子供たちと生活。
    長男と長女が成人になり、自分の時間ができたことから「いったん区切りをつけたくて」と離婚後初の大胆カットを決意した。

    “人生をリセットする”をテーマに40センチも切り「気持ちも軽くなりました」と笑顔。「前向きに新しい人生を歩み出せたら」と誓っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13914188/
    2017年11月20日 5時14分 サンケイスポーツ

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/5/35d47_456_1ccf93e2a026ffac85ef47150ad06a85.jpg

    【【芸能】40センチバッサリ!花田美恵子、“人生をリセットする”ショートヘア 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2017/11/01(水) 12:19:49.22 _USER
    サイバーエージェント<4751>は、10月26日、2017年9月期の連結決算を発表し、東京都内で証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会を開催した。
    発表した決算は、売上高3713億円(前の期比19.5%増)、営業利益307億円(同16.6%減)、経常利益287億円(同18.7%減)、
    最終利益40億円(同70.4%減)と増収減益となった。AbemaTVなど動画事業への投資を積極的に行ったことが主な営業減益の要因だ。

    藤田晋社長(写真)は「決算が良いうちに、次の柱を育てる考えのもと、AbemaTVに投資してきた。
    ここ数年、高成長が続いたが、スマホシフトでいっきにかじを切ったことが大きい。
    あの時、目先の利益を犠牲にしてでも投資したことが良かった」と振り返った。かつてAmebaブログやスマホへの投資で一時的に"踊り場"を作り、
    その後、高い成長を実現してきた同社だが、その再現を狙っていく。

    また、AbemaTVに関して、「何とかなりそうだ」との発言もみられた。
    2016年4月の開局からコンテンツを中心に投資を行ってきたが、「まだ漠然とはしている」とはいうものの、
    事業の柱に成長するイメージが徐々に見えてきたようだ。先行投資を行ってきたが、徐々に投資だけでなく、
    広告商品の拡販などを通じて売上も徐々に増やしていく考え。

    AbemaTVは、現在、ほんとうの意味で競合がいない状況にあるという。
    競合として比較される動画配信サービスはいずれも有料サービスであり、ビジネスモデルも大きく異なっている。
    また、新規参入にはコンテンツの準備だけでなく、インフラなど膨大な初期投資が必要になるため、競合が出てきづらい状況にある。
    そのため、コンテンツの奪い合いによる仕入価格高騰などの影響を受けづらく、「マイペースで投資できている」。

    https://i2.gamebiz.jp/images/original_logo/69796423159f21ea34531f0011-1509039785.jpg

    ちなみに、AbemaTVへの投資を行わなかった場合はどうなっていたのか。
    AbameTVにはこの期だけで209億円の投資(損失)を出したが、その影響を除いた既存事業の営業利益は同10.4%増の516億円となった。
    既存事業の営業利益は、過去最高を更新するなど順調だったことがわかる。

    https://i2.gamebiz.jp/images/original_logo/88530854959f21ea5121240011-1509039784.jpg

    なお、最終利益が大きく減っているが、これは株式の60%を保有するAbemaTVが連結納税の対象になっていないため、
    全て取り込んだことに加えて、Cygamesの少数持ち分を差し引いたため。加えて、減損などの特別損失が発生したことも響いた。
    「最終利益が厳しい時期」となっている。



    ■第2四半期はQonQでは増収増益

    https://i2.gamebiz.jp/images/original_logo/56469786959f21f65494410011-1509039977.jpg

    続く、第4四半期(7~9月期)は、売上高がQonQ13.7%増の1018億円と四半期ベースで過去最高を更新し、
    営業利益についても同49.1%増の98億円となり、QonQでは増収増益だった。
    ゲーム事業が広告宣伝費を増やしたことで減益となったものの、ネット広告事業がスマホ中心に引き続き伸びたことや、
    一部投資有価証券売却益を計上したことが増益要因となったという。

    https://i2.gamebiz.jp/images/original_logo/19342102659f21f8b3fca90011-1509040014.jpg
    https://i2.gamebiz.jp/images/original_logo/213666919959f21fac5a0b00011-1509040066.jpg
    https://i2.gamebiz.jp/images/original_logo/171049112159f21fae32ff60011-1509040049.jpg

    続く)

    Social Game Info
    http://gamebiz.jp/?p=196422

    【【IT】サイバーエージェント決算説明会 「何とかなりそう」 AbemaTVはWAU1000万目指し投資  】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/19(日) 07:48:56.99 _USER9
    キムタク、岡田准一、二宮和也……今年は何と20本「ジャニーズ映画」は惨敗続き
    11/19(日) 6:01配信
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/11190601/?all=1
    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2017/11/1711151748_1-714x476.jpg
    来年はW主演で巻き返せるか?

    ■ ヒットは「忍びの国」と「関ヶ原」

     100億円超え! の謳い文句だった、キムタク主演「無限の住人」(4月29日公開)は10億円にも届かず、
    クリント・イーストウッドにも認められた“演技派”二宮和也主演「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」(11月3日公開)は3位発進……どうした? ジャニーズ。
     ***
     昨年大晦日のSMAP解散から一夜明け、2017年のジャニーズの調子がおかしい。1月7日公開の年明け第1弾、Hey!  Say!  JUMPの中島裕翔主演「僕らのごはんは明日で待ってる」は初週トップ10にも入らず圏外スタートで始まった。
    ま、これは昨年、女優の吉田羊との7連泊愛の影響もあるかもしれないが、前述の通りキムタク、ニノをしても大ヒットには遠く及ばないのだ。

     映画評論家の北川れい子氏が言う。

    「ヒットしたと言えるのは、嵐の大野智主演『忍びの国』(7月1日公開)とV6の岡田准一主演『関ヶ原』(8月26日公開)くらいかしら。でも、『関ヶ原』は大作で、
    見ているのは歴史好きな中高年で、岡田クンが主役とは思えない作品でした。脂ののった役所広司に格の違いを見せつけられていましたからね。
    岡田くんの主演映画には『追憶』(5月6日公開)もありましたが、こちらも共演の小栗旬や柄本佑に喰われてパッとしませんでした。
    他には有村架純と嵐の松本潤が共演した『ナラタージュ』(10月7日公開)は話題になったのは有村のベッドシーン。広瀬すずと生田斗真の『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)も
    『ナラタージュ』同様、教師と生徒が出来ちゃう映画。人気女優の双璧を持ってくるあたりはさすがですが、どうして似たような映画をこんなに短期間に公開するんでしょうねえ」

    ■ ジャニーズのタガが緩んだ

     ジャニーズに所属するタレントの出演するジャニーズ映画はザッと見回しただけでも今年1年で20本以上! ふた月に3本以上が公開される計算で、ジャニーズ映画同士で喰い合っているのが低調の原因との声も上がっている。

    「ホントに多いですよ。なんだか、自分の所のタレントを代わりばんこに使って、ストーリーよりも主役を目立たせたいというものばかり。それにジャニーズはキムタクを筆頭に高齢化が進んでいるようにも見えます。
    もちろん若い子がいるのも知っていますけど、映画なら同じ20代でも菅田将暉(24)や松坂桃李(29)など
    ジャニーズではやらないようなヤバい役をやる役者の方が見応えがありますからね。そういった流れも低調な理由かもしれません」(北川氏)

     SMAP騒動後のジャニーズに変化が起こり始めているというのは、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)などの著書があるライターの矢野利裕氏だ。

    【【ジャニーズ映画】キムタク、岡田准一、二宮和也……今年は何と20本惨敗続き 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/11/19(日) 10:13:01.51 0
    2008年、高校2年生の秋に単身来日。子供の頃から日本に憧れていたという[1]。
    2010年3月、ホリプロガールズ演劇ユニット『Girl〈s〉ACTRY』で芸能界デビュー。なお、Girl〈s〉ACTRYでの活動は2015年9月にグループの発展的解消があり活動を終了している[2]。
    2010年4月、上智大学文学部新聞学科入学[1]。2年間休学したのち、2013年10月より復学したが、2016年3月に取得単位不足で除籍となる[3]。
    2018年3月をもって芸能活動を休止予定[4]。
    国会議員の追っかけとしても知られるハーフタレントの春香クリスティーン(25)が、来年3月いっぱいで芸能活動を休止することが18日、分かった。現時点では復帰のメドは立っておらず、
    無期限の休業となる。春香は周辺に「新しいことをやりたい」と話していたといい、芸能界引退の可能性もある。デビュー8年目、バラエティーのみならず、社会派コメンテーターとしても引っ張りだこの売れっ子が突然、大きな決断を下した。    
    現在もテレビ・ラジオのレギュラーを7本持つ売れっ子の春香クリスティーンが突如、芸能界を離れる道を選んだ。
    9月いっぱいで中部地方ローカルの情報バラエティー番組「ドデスカ!」(メ~テレ、月~金曜、前6・00)を降板するなど、すでに仕事の調整に入っており、来年3月までには他のレギュラー番組もすべて降板する。
    複数の関係者によると、春香は元来、タレント活動だけでなくさまざまな分野に興味を持ち、タレントとしての自分の方向性に迷いを持っていたという。
    また、生真面目な性格のため、仕事が立て込んだ際には精神的に重圧を感じ、自身を追い込んでしまうタイプでもあることから、一度仕事をリセットして、今後に向けて自分を見つめ直す期間が必要となったようだ。
    ここ半年ほどは故郷・スイスへの思慕や、「もっと勉強がしたい」と周辺に漏らしていた。芸能界に未練はない様子で、引退も視野に入れている可能性がある。
    春香は国会議員の追っかけが趣味で、選挙特番にも出演するなど、政治への造詣の深さに定評がある。関係者は、政界進出の可能性はほぼないとしつつ、「政治学者やキャスターなどへの転身も視野に
    入れているのでは」とした。春香自身は周辺に「新しくやりたいことが見つかった」と話すなど、留学や進学も検討しているとみられる。
    プライベートでは、昨年7月から共同通信記者と交際。現在も順調に継続中だというが、関係者によると、結婚に関しては当分、予定していないという。
    08年にスイスから単身来日し、10年3月に芸能界デビューしてから、丸8年で芸能活動に一区切りをつける決断をした春香。まだ25歳という若さだけに、今後どのような道を歩むかが注目される。
    ttp://img.gazou-zu.com/system/wp/wp-content/uploads/2016/02/27-3-1024x576.jpg
    ttp://n2.sppd.ne.jp/awg2/v-freak1/fidol2-130706213928/fidol2-130706223921/fidol2-130706223921-pv2.jpg
    ttp://megaelog.von.jp/otakara/harukakurisuteen/harukakurisuteen002.jpg
    ttp://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2017/01/20170117_pyramid_24.jpg

    【 春香クリスティーン 無期限休業へ… 来年3月いっぱいで 7本レギュラーも突然の決断  】の続きを読む

    このページのトップヘ