アクセスランキング

    国際

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/11/19(日) 11:05:00.99 _USER9
    北方領土でイチゴ温室栽培へ…日露共同経済活動
    11/19(日) 9:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00050103-yom-bus_all

     政府は、北方領土で行うロシアとの「共同経済活動」の一つとして、イチゴの温室栽培に取り組む方向で調整に入った。

     北方領土の冷涼な気候を生かすとともに、日本農家のノウハウで地場産業の育成にもつなげられると判断した。

     北海道では涼しい夏の気候を生かし、7~11月頃にかけて収穫するイチゴの温室栽培が盛んだ。本州などのイチゴは主に冬に出荷されるため、差別化が可能だという。北方領土での栽培に成功し、出荷できるようになれば、輸送コストがかかっても収益性が見込まれる。

     今年9月の安倍首相とプーチン露大統領との首脳会談では、できるだけ早く取り組む事業の5項目として「温室野菜栽培」が選ばれた。日露両政府はその後、2度にわたる官民合同の現地視察を重ねるなどして、具体的な作物の絞り込み作業を進め、イチゴに白羽の矢が立った。

    【【経済】北方領土でイチゴ温室栽培へ…日露共同経済活動 】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/11/18(土) 20:23:53.54 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000043-asahi-pol

     河野太郎外相は18日、神奈川県平塚市内で講演し、中国の経済圏構想「一帯一路」について「オープンに(港湾設備などを)誰でも使えますよという形でやってくれれば世界経済にとって非常にメリットがある」と述べ、条件をつけながらも中国の構想に前向きな評価を示した。

     河野氏は「一帯一路」について、「色んな国にもきっとメリットはあるんだろう」としつつ、「問題は、この港は俺が造ったから他の人に使わせないということになるとダメだ」と指摘。そのうえで、日米両国が共通戦略として打ち出した「自由で開かれたインド太平洋戦略」に触れ、「中国もぜひ協力してくださいと呼びかけている」と語った。

     さらに、8月の中国の王毅(ワンイー)外相との会談冒頭、記者団を前にして中国の海洋進出を懸念した河野氏を「失望した」と批判した王氏に対し、河野氏が「中国には大国としての振る舞いを身につけていただく必要がある」と反論したやり取りを披露。「いきなりテレビの前で説教されたから、こっちもひと言、言ってやろうと思ってああいうやり取りになった」と振り返った。(田嶋慶彦)

    【【外交】河野太郎外相「いきなり説教されたから、こっちもひと言、言ってやろうと思った」 中国の批判振り返る 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [US] 2017/11/17(金) 00:23:52.89 BE:816491279-2BP(2000)
    https://www.excite.co.jp/News/it_g/20171116/Itmedia_nl_20171116015.html

    1. 『後漢書』……倭
    2. 『三国志』……倭
    3. 『宋書』………倭
    4. 『隋書』………倭
    5. 『旧唐書』……倭・日本
    6. 『新唐書』……日本
    7. 『宋史』………日本
    8. 『元史』………日本

    神野志隆光『「日本」とは何か』(講談社現代新書)では、『唐暦』の記載をもとに、
    702年の遣唐使から「日本」が使用されたと述べています。
    小林敏男『日本国号の歴史』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)でも、ほぼ同様の指摘が行われています。

    この当時の唐は則天武后による統治の時代を迎えています
    (ついでに、王朝の名前も一時的に「周」になっています)。
    さらに神野志は、736年にできた『史記』の注釈書である『史記正義』の中に、
    「則天武后が倭を改めて日本とした」とする記述があることを指摘しています
    実際には、ヤマトの側が倭から日本への国号変更を申し出て、
    それを則天武后が承認した、ということなのでしょう。

    そういったわけで、おおむね700年前後に「倭」が「日本」となったと考えられます。

    【【国号】8世紀の倭人、中華皇帝に「日本」へ国号の変更を申請 → 則天武后、これを承認 → 日本人誕生w 】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/11/18(土) 09:06:20.53 _USER9
    アルゼンチン海軍は17日、同国の南東沖を航行していた44人乗りの潜水艦との連絡が
    15日朝から途絶えていると発表した。

    行方が分からなくなっているのは通常動力のドイツ製TR1700型潜水艦「サンフアン」で、
    アルゼンチンが保有する3隻のうちの1隻。

    南米大陸南端のウシュアイアから中部マルデルプラタに帰港途中、
    南部バルデス半島南東沖432キロで確認されたのを最後に消息を絶った。

    海軍は空と海から捜索を実施。
    船内で火災が発生したとの報道があるが、スポークスマンは
    「正式な情報ではない。技術的な問題が発生した可能性がある」と指摘した。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111800227&g=int

    アルゼンチン海軍の潜水艦「サンフアン」=撮影日、撮影場所不明。同海軍提供(EPA=時事)
    https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0171118at03_p.jpg

    【【国際】アルゼンチン海軍の潜水艦が消息不明、15日朝から連絡途絶える 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2017/11/13(月) 18:06:08.50 ID:CAP_USER
    【ソウル時事】韓国の朴槿恵前政権当時、情報機関の国家情報院(国情院)が多額の裏金を大統領府に上納していた疑惑で、国情院長を務めた李丙>>>>0�※王ヘンに其)・元駐日大使(70)が13日午前、ソウル中央地検に出頭、容疑者として聴取を受けた。

    李氏は聴取前、記者団に対し、「国情院の資金が大統領府に提供された問題で国民を失望させ、また、心配を掛け、大変申し訳ない。私が知っていることを詳細に陳述するつもりだ」と述べた。
     この疑惑では、朴前大統領の元側近、李載晩・元大統領府総務秘書官ら2人が3日、収賄などの疑いで逮捕された。2人は「大統領の指示で受け取っていた」と供述しており、公判中の朴被告が新たに捜査を受けるのは避けられない見通しとなっている。
     報道によると、2人は朴政権が発足した2013年から16年まで、国情院の幹部から裏金を受け取り、受領総額は約40億ウォン(約4億円)に上るとみられている。地検は既に、朴前政権で国情院長を務めた2人を聴取している。
     李丙※氏は駐日大使を務めた後、14年に国情院長に就任。裏金の上納額が月額5000万ウォンから1億ウォンに倍増したとされており、地検は増額の経緯や朴被告の関与などを追及するとみられる。

    (2017/11/13-10:14)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111300129&g=int

    https://i.imgur.com/VkUHDBs.jpg
    13日午前、ソウル中央地検に出頭し、記者団の取材に応じる韓国の李丙>>>>0>>>>0�王ヘンに其)元駐日大使

    【【元駐日大使】地検に出頭=裏金上納疑惑で聴取-韓国[11/13] 】の続きを読む

    このページのトップヘ