アクセスランキング

    国際

    1: ばーど ★ 2017/11/14(火) 23:45:17.58 ID:CAP_USER9
    北朝鮮の核をめぐる6カ国協議の米国首席代表を務めるジョセフ・ユン国務省対北朝鮮政策特別代表が14日に韓国を訪問する。北朝鮮が60日間挑発しなければ米朝対話を始められると話した米国の高官が奇しくも北朝鮮の挑発中断60日目となる日に訪韓するのだ。トランプ米大統領も近く北朝鮮関連の重大発表をすると予告していることから、本格的な米朝対話が始まるかに関心が集まる。

    外交消息筋が13日に明らかにしたところによると、ユン特別代表は駐韓米国大使館主催行事などに参加するため14日に韓国を訪問する。訪韓期間中に李度勲(イ・ドフン)外交部韓半島平和交渉本部長と会い北朝鮮の核問題を話し合う。具体的に北朝鮮が2カ月間挑発しないでいる意味と北朝鮮を非核化交渉に引き出す案について意見を交換するという。

    ユン特別代表は先月30日の米国外交協会(CFR)の行事で「北朝鮮が約60日間核・ミサイル試験を中断すれば、これは米国が北朝鮮と直接対話を再開する必要があるというシグナル」と話した。北朝鮮は9月15日に日本の北海道上空を通って太平洋方向に中距離弾道ミサイル(IRBM)を発射してからミサイルを撃っていない。14日は北朝鮮が挑発を中断してぴったり60日になる日だ。

    60日目を前後して米朝対話の可能性を言及する発言が相次いで出ている。ティラーソン米国務長官は10日、「米国と北朝鮮はメッセージが行き来する2~3のチャンネルを稼動しており、互いが『そうだ、初めて対話をする時になった』という日がくるだろう」と予想した。2日後にトランプ大統領は自身のツイッターアカウントに「私は金正恩(キム・ジョンウン)と友人になれる」と書いた。

    トランプ大統領はこの日東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議が開かれたフィリピンのマニラでオーストラリアのターンブル首相、日本の安倍晋三首相との3カ国首脳会談に先立ち、記者らに北朝鮮問題などを含むアジア歴訪の成果と関連し「重大な声明を発表する」と明らかにした。トランプ大統領は「ホワイトハウスに戻れば水曜日のうちに声明を発表する。貿易と北朝鮮、そして多くのその他のことに関するとても完璧な声明になるだろう」とした。トランプ大統領が北朝鮮に関してどのような立場を発表するかは具体的に明らかになっていないが、北朝鮮をテロ支援国に再指定する問題が含まれる可能性があるとABC放送は予想した。この場合対話の可能性まで議論されてきた北朝鮮の核問題の局面は再び緊張状況に転じる可能性を排除することはできない。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    配信11/14(火) 11:49
    中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000025-cnippou-kr

    ★1が立った時間 2017/11/14(火) 20:16:12.51
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510658172/

    【【トランプ大統領】15日に貿易と北朝鮮問題関連で重大発表 「とても完璧な声明になるだろう」★2 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2017/11/09(木) 15:47:58.55 ID:kPjyt7+r0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif 
    米中が28兆円規模の巨額契約 貿易不均衡是正へ 
    トランプ歴訪 中国・台湾 北米 

     【北京=多部田俊輔】訪中しているトランプ米大統領と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が9日に北京で開いた共同記者会見にあわせ、米中企業が総額約2500億ドル(約28兆円)に達する契約を交わした。 
    トランプ大統領が中国に貿易不均衡の改善を強く求めたことから、中国企業による対米投資や米国製品の大量購入が中心となった。 

     米中企業の契約は米国での製造業やエネルギー分野への投資から航空機、半導体、食品分野での米国製品の大量購入など多岐にわたる。 
    トランプ、習両氏の前に、米中を代表する有名企業の経営トップらが登壇して次々と米国製品の購入契約書類などにサインした。 

     具体的には、中国の政府系ファンドの中国投資(CIC)と米投資銀行大手のゴールドマン・サックスが共同で50億ドルを投じ、 
    米国での米中企業の製造業分野での提携を支援するファンドを設立することで基本合意。中国が米ボーイングの航空機を370億ドル購入することも決まった。 

     エネルギー分野では中国国有石油大手、中国石油化工集団(シノペックグループ)がアラスカで米国企業と天然ガスを共同開発する契約を交わした。 
    米ゼネラル・エレクトリック(GE)の航空機エンジンや米クアルコムの半導体、米国産牛肉を中国企業が購入する契約も含まれている。 

     中国側の統計によると、米国の対中貿易赤字は年間約2600億ドル。今回の巨額の契約には投資が含まれ、米国製品の購入も複数年にまたがる内容が多いため、すぐに貿易赤字が減るかは不透明だ。 
    ただ、貿易赤字に匹敵する商談をまとめたことで、中国政府が貿易赤字を減らす意思を米側に伝えた格好だ。 

     トランプ大統領は2016年の大統領選中から中国に対する貿易赤字を問題視し、米国の雇用が奪われたと批判。アジア歴訪の前にも対中貿易赤字について「ひどい数字になっている」と指摘していた。 
    今回の米中首脳会談では貿易不均衡の問題が北朝鮮問題と並んで大きな焦点となっていた。 

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23288100Z01C17A1FF2000/

    9: 名無しさん@涙目です。(庭) [FR] 2017/11/09(木) 15:51:27.58 ID:f7IItW/c0
    さすがビジネスマンだな 
    プロの営業だな

    205: 名無しさん@涙目です。(東京都) [FR] 2017/11/09(木) 17:17:33.06 ID:txvzg+GG0
    さすがビジネスマン

    【トランプ大統領、中国から2500億ドル(28兆円)巻き上げる事に成功www】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [AU] 2017/11/11(土) 22:55:37.78 ID:zOG8iVmu0 BE:569660964-PLT(13051) ポイント特典
    韓米首脳間の国賓晩餐会で、日本軍「慰安婦」被害者イヨンス(89)おばあさんが
    ドナルド・トランプ米国大統領と抱擁をして話題になっている中で、
    匿名を要求した複数の韓米・米政府関係者が10日、ヘラルド経済に「遺憾」という立場を明らかにした。

    米側の関係者は「韓米首脳間の親睦を深める場の国賓晩餐が、韓日の歴史論争の
    『政治の舞台』(political podium)に転落したようで遺憾」とし「不愉快」と述べた。
    韓米の友好関係を固めなければならないディナーが、韓日「外交戦」にされたことに不快感を示したものである。
    この関係者は、「韓米首脳が主人公にならなければならない席で、韓日の歴史問題が浮き彫りになって遺憾」とし
    「韓日メディアが今回のことを浮き彫りにさせるのを自制してほしい」と伝えた。

    国務省で十数年間、韓国関連業務を行い、韓国課長を務めたデビッド・ストローブ世宗研究所客員研究員は、
    「トランプ大統領とイヨンスさんの抱擁が、政策立案者によって『演出』されたものだとすると、これは深刻な外交的欠礼だ」とし
    「米国としては、日本も韓国も同盟国だ。韓日で扱う問題に米国を引き込もうとするジェスチャーは不適切」と指摘した。
    続いて「友達を招待しておいて、『あなたの親友は悪い奴だ』というメッセージを与えてきたら、招待されたゲストは気分が悪い」と付け加えた。

    韓米関係者によると、ムンジェイン政府は7日、主催したトランプ大統領の歓迎晩餐に招待するVIPリストを米側に具体的に説明していなかったと伝えられた。

    一方で米国消息筋は、トランプ大統領がムンジェイン大統領に提案した「インド太平洋構想」が、
    日本が推進してきた構想だという青瓦台の関係者の発言について、
    「米国はアジア太平洋を越えて、インド東南アジア諸国との外交に力を入れてきた」とし、不快感を迂回的に示したりもした。
    [ヘラルド経済=ムンジェヨン記者]
    http://oboega-01.blog.jp/archives/1068689560.html

    63: 名無しさん@涙目です。(西日本) [JP] 2017/11/11(土) 23:12:31.60 ID:o4mokyeZ0
    10分で会談おわったって理由が解ってきたわwwwwwwwwwwwwwww

    【【悲報】アメリカさん、韓国の慰安婦テロにガチで怒っていた 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/11/12(日) 00:08:06.85 ID:CAP_USER9
    首脳会談で握手する韓国の文在寅大統領(左)と中国の習近平国家主席=11日、ベトナム・ダナン(聯合=共同)
    http://oki.ismcdn.jp/mwimgs/4/8/-/img_483cef1f66dac2a06f878dd0ff36cac225184.jpg
     
     【ダナン共同】中国の習近平国家主席と韓国の文在寅大統領は11日、ベトナム中部ダナンで会談し、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備問題で悪化していた両国関係を早期に回復させることで合意した。「全ての分野」で交流・協力を正常な軌道に乗せるとした。韓国大統領府が明らかにした。

     両首脳は北朝鮮の核・ミサイル開発問題について、朝鮮半島の安全保障状況を安定的に管理する必要があるとして、対話を通じ平和的に解決することを確認。米国による武力行使に一致して反対する姿勢を鮮明にした。また文氏が12月に訪中することで合意。文氏が訪中すれば今年5月の就任後初となる。(共同通信)

    配信2017年11月11日 23:22
    沖縄タイムス
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/169272

    【【中韓首脳会談】THAAD配備で悪化した関係、正常化で合意 米国による北朝鮮への武力行使に一致して反対 】の続きを読む

    このページのトップヘ