アクセスランキング

    社会

    1: ばーど ★ 2017/12/06(水) 16:55:02.93 _USER9
    <NHK受信契約、成立には裁判必要最高裁>

    NHK受信契約をめぐる6日の最高裁判決は、受信契約が成立する時期について「裁判で契約の承諾を命じる判決が確定すれば成立する」とした。「契約を申し込んだ時点で自動的に成立する」とのNHK側の主張は退けた。契約を拒む人から受信料を徴収するためには、今後も個別に裁判を起こさなければならない。

    またいつまでさかのぼって受信料を徴取できるかについては「テレビ設置時点まで遡って受信料の支払い義務がある」とした。

    配信2017年12月6日 15:25
    日経新聞
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO24323400W7A201C1000000
    ----------------------------------------------------------------------------

    <NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 テレビ設置以降の受信料支払い命じる>

    テレビがあるのに受信契約を拒んだ男性に、NHKが受信料を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、「放送法はNHKとの契約を強制する規定」とし、「受信料制度は合憲」との初判断を示した。大法廷は男性側の上告を棄却。男性にテレビ設置以降の全期間の受信料支払いを命じた1、2審判決が確定した。

     放送法64条1項は「受信設備を設置した者は、NHKと受信についての契約をしなければならない」と規定している。男性は平成18年3月にテレビを設置。NHKが23年9月に申込書を送ったが契約を結ばなかったため、NHKが契約締結や受信料の支払いを求める訴えを起こしていた。

     放送法の規定の合憲性が最大の争点で、男性側は放送法の規定は「契約締結への努力義務を定めたにすぎない」とし、契約義務を規定しているとすれば「契約の自由」を保障する憲法に違反すると主張していた。

     NHK側は、不偏不党の立場から多角的視点で放送を行う公共放送としての役割などを踏まえれば「受信料制度が憲法に違反しないことは明らか」と反論。法相からも「合憲」との意見書が提出されていた。

    (1)契約を拒む人との受信契約はどの時点で成立するか(2)受信料をいつまで遡って支払う義務があるか-も争点となっていた。1、2審は、NHKが申込書を送っただけでは契約は成立しないが、NHKが未契約者を相手に訴訟を起こし、勝訴が確定した時点で契約が成立すると判断。男性に、テレビ設置時まで遡って受信料を支払うよう命じた。

    配信2017.12.6 15:15
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/171206/afr1712060041-n2.html

    ----------------------------------------------------------------------------

    他ソース
    NHK受信契約訴訟 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷(12月6日 15時09分)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171206/k10011248431000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_b

    関連スレ
    【きょう最高裁判決】NHK受信料「時効」も最高裁判決の論点、原審支持なら「50年分一括請求も可能」★5
    https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512540503/

    ★1が立った時間 2017/12/06(水) 15:08:45.86
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512544585/

    【【速報】最高裁 NHK受信契約義務 「合憲」 契約成立には個別裁判必要 自動成立主張退ける 受信料は設置時★6 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/11/28(火) 08:29:47.79 _USER9
     違法残業事件で有罪判決が確定した大手広告会社・電通(東京)が、事実上の未払い残業代として計約23億円を社員に支給することが、同社への取材でわかった。

     社員の自己申告に基づいて勤務時間を改めて精査した結果で、一時金として支払うという。

     同社によると、2015年4月から今年3月の間で、業務の性格が強いにもかかわらず、労働時間として申告しなかったものがあれば、自己申告するよう社員に指示した。その結果、業務と認められるケースが多数判明。17年1~9月期連結決算で「勤務時間に関する一時金」として23億6700万円を計上した。来月中に該当者に支払う方向で、調整しているという。

     同社は昨年末の記者会見で、入力された社員の終業時間と、実際の退館時間に1時間以上の乖離かいりがあったケースが、15年は月平均約8200件に上り、労働時間の「過少申告」が横行していたと説明。自己啓発や情報収集名目で、職場に残る社員が多数いたとしていた。

    (ここまで414文字 / 残り131文字)

    2017年11月28日 07時29分
    YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171127-OYT1T50089.html

    【【電通】「残業代」23億円支給へ…社員自己申告で 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/11/28(火) 00:01:35.37 _USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171127/k10011236491000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

    11月27日 4時26分

    来年度の税制改正の焦点になっている所得税の負担を減らす「控除」の見直しで、政府は会社員などを対象にした「給与所得控除」について、控除の上限額を縮小して年収800万円から900万円を超える人が、今より増税になる方向で与党との調整に入りました。

    来年度の税制改正で、政府・与党は、自営業のフリーランスが増えるなど働き方の多様化にあわせ所得税の仕組みを変えていく必要があるとして、「控除」の見直しを議論しています。

    このうち会社員も自営業も適用になる「基礎控除」は増やして、自営業を減税し、会社員などの収入から一定額を差し引いて税の負担を減らす「給与所得控除」は縮小する方針です。

    「給与所得控除」で差し引かれる額は、収入に応じて増え、いまは年収が1000万円以上になると上限額の220万円で頭打ちになります。政府は、この上限額を引き下げて年収800万円から900万円を超えると増税になる方向で与党との調整に入りました。

    例えば、年収800万円で頭打ちとなる場合は、年収850万円でいまよりも年1万5000円程度、900万円では年3万円程度、増税になります。ただ22歳以下の子どもがいる人は増税にならないようにする方針です。

    国税庁によりますと、民間企業に勤める人で年収が800万円以上になるのは全体の9%程度になります。

    今後の議論では、年収がいくらの人から増税になるのか、具体的な線引きが焦点になります。

    ★1のたった時間
    2017/11/27(月) 06:42:17.19

    前スレ
    【来年度の税制改正】年収800万円~900万円超の会社員は増税へ 控除見直しで調整
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511732537/

    【【来年度の税制改正】年収800万円~900万円超の会社員は増税へ 控除見直しで調整 ★2 】の続きを読む

    image

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/11/26(日) 09:43:11.43 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00050023-yom-sci

    政府は、米国と協力して月面の有人探査を目指す方針を固めた。

    米国が2020年代後半に建設を計画している月軌道上の宇宙基地に参加し、
    日本人飛行士の月面探査を実現したい考えだ。宇宙政策を議論する政府の
    専門家会合で近く、こうした方針をまとめた報告書案を示す。

    日本にとって、国際宇宙探査に参加することは、科学的な成果を得られる
    だけでなく、宇宙産業の競争力強化や、宇宙利用分野での主導権確保につながる。

    日本はこれまで、国際宇宙ステーション(ISS)に参加してきたが、ISSは
    24年までの運用しか決まっておらず、その後は不透明だ。米航空宇宙局(NASA)
    はISS後をにらみ、新たに「深宇宙探査ゲートウェイ」構想を打ち出した。

    【【宇宙】日本、月面の有人探査へ。米国と協力し日本人飛行士の月面探査を目指す。政府発表 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/11/23(木) 03:00:10.28 _USER9
    カツ丼を平らげ自ら110番
    無銭飲食容疑で男逮捕

     カツ丼をきれいに平らげた直後に「無銭飲食しました」と自ら110番―。
     福岡県警柳川署は21日、詐欺の疑いで、住所不定、無職の男(63)を現行犯逮捕した。

     逮捕容疑は21日午後5時ごろ、福岡県柳川市の食堂で、カツ丼1杯を食べ、代金650円を支払わなかった疑い。

     柳川署によると、食事を終えた男は、店主に「金がない。警察に通報してくれ」と依頼。
     店主は「支払いは今でなくてもいい」と断ったが、男は店の外にある公衆電話で110番した。

     男は「(過去の事件で服役し)出所から間もなかった。所持金は96円しかなく、腹が減っていた」と話しているという。

    共同通信 2017/11/21 23:45
    https://this.kiji.is/305716077504300129


    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511324956/
    1が建った時刻:2017/11/21(火) 23:53:33.04

    【【冬到来】出所間もない?63歳無職がカツ丼をタダ食い 「支払いは今でなくてもいい」との店主の言葉にも関わらず自ら110番し逮捕★5 】の続きを読む

    このページのトップヘ